2017年1月15日日曜日

ゲームクリア感想78:Everybody's Gone To The Rapture -幸福な消失-(PS4版)

多忙な方向けに、先に重要なことだけお伝えします。

・2017年1月、PS Plusでフリープレイ配信中
     (あと2週間しかないので気になるなら早めにダウンロード)
・結論から言うとかなり推せる

以上です。

一昨年のPS Store配信当時から気になっていたものの、価格に見合う内容かどうか不安でカートに入れては削除を繰り返していたゲームでした。
今回、PS Plus会員向けにフリープレイとして配信されたので、これはまさに好機と思いダウンロードしました。

クリア時間は約7時間。プラチナトロフィー取得の周回を含めると約12時間です。
実質4周しましたが、その甲斐あって無事にプラチナ取得できました(効率的にやれば2周で済みます。私は攻略情報を見たにもかかわらず凡ミスで周回が増えました)


【良かった点】

◎ゲームプレイに大きく寄与しているグラフィック

 「グラフィックが良くても面白いゲームになるとは限らない問題」に対しての(数少ない)グラフィック側の解答かなと感じました。誰がどの環境で遊んでも「おっ綺麗じゃん」と感じるレベルです。4周しても飽きることのない「周回に耐えうる高グラフィック」という貴重な体験をしました。
 勿論、基本操作が「移動」と「調べる」だけで複雑な操作がなく(ボタン数個とコントローラの6軸検知しか使わない)、プレイ時間も短い小規模な作品だからこそ作り上げられた、というのもありますが……

 田園風景や湖、なんでもない公道、そして星の瞬く夜空まで、どこでスクリーンショットをとっても絵になるような作りで、本当に旅行に来ているような感覚を味わいました。
 とにかく、移動それ自体がゲームみたいな内容なので、道中のグラフィックが高品質なのは高ポイントでした。

◎荘厳なBGM

 このBGM抜きにはゲームが成立しないです。
イメージに反して意外にも無音になることが少なく、プレイ中はほぼBGMが流れています。また、メインイベントクリア後のBGMいずれも流れるタイミングが絶妙。

◎ストーリー・世界観

 住民が消失したイギリスの村を訪れて、村内を歩き回りながら消失の手がかりを探るというのが主な話の流れです。光球に触れて(コントローラを傾けて操作)見られるメインイベントと、その場に近づくと自動再生されるサブイベント、その他音声ログやオブジェクトなどから真相を推測していく一人称視点アドベンチャーとなっています。

 素材の使い回しこそありますが、本当に村一つ丸ごと作ってあるようなボリュームで、事前に危惧していたような内容の薄さは感じませんでした。勿論一日でクリアできてしまう程度のボリュームですが、急いで進めるようなゲームでもありませんし。

 そしてストーリーですが、キリスト教・終末思想・SF・人間ドラマなどの要素が詰まっていて、詳細に説明されることなく進んでいきます。私は断片から真相を考察していくタイプのストーリーが好みなので、この辺は楽しめました。
 ただ、若干宗教色が強めなのと、メインキャラクター2人がかなり嫌な奴(作中でも指摘される)なので、その辺で人を選ぶかもしれません。

◎トロフィーが美味しい

 これといった技術を必要としない上に、ブロンズ×4・シルバー×6・ゴールド×8・プラチナ×1という構成なので、収集家にもおすすめです。私も2周目以降、攻略情報を参考にして無事取得しましたが、初周くらいは情報を遮断して遊ぶのをおすすめします。
 時間も短いですし、くまなく探索していれば偶然に取れてしまう程度には難易度が低いので(私も書籍関連のトロフィーだけは偶然取れました)。

◎(日本語版のみ)高品質なローカライズ

 字幕吹替完備です。吹替も違和感なく聞けた上に、演技も熱演で非常に良かったです。


【気になった点】

△遅すぎる移動速度

 このゲームのレビューでは欠かさず指摘されている点です。
左スティック傾けで歩き、R2長押しで早歩き(走りではない点がポイント)となりますが、この早歩きをデフォルトの歩行速度にしても良かったと思います。実際、早歩きでちょうどいい塩梅になりました。
 このゲームで全力ダッシュするとプレイ感が台無しになるので、あえて実装しなかったと思うのですが、早歩きと早歩き+1程度ならギリギリ体験を損なわずに済んだのではないでしょうか。

 せっかちなプレイヤーは、この早歩きでも我慢できずにゲームを中断してしまう可能性がかなり高い(それくらい遅い)ので、移動速度だけの理由で投げ出されてしまうのは勿体ないと感じました。

△動作がやや不安定

 フリーズは一回、他カクつきが何度か発生しました。フリーズした時は早歩きでグイグイ進んでいたので、恐らくそれが原因と思われます。
 高グラフィック故にどうしても描写に負荷がかかる(?)のでしょうが、基本はゆっくり進むゲームなので、過度な心配は不要です。

△大きい光球の発動が解りにくい

 メインイベントを全て見ると出現する大きめの光球は、他の光球より発動に時間がかかるのですが、当初はそれに気付かず、反応が悪いのかフラグ立てが不足しているのか迷いました。
 実際は「大きい反応を示す角度にコントローラを傾け続ける」が正解でした。この辺は特に楽しい操作でもないので、ちょっとモヤモヤが残りました。


【まとめ】

 PS Plus会員になった甲斐のある、予想外の良作でした。これなら配信当時に定価で買っても良かったと思わされました。今回はフリープレイでプラチナトロフィー取得まで堪能させてもらいましたが、年金の納付猶予みたいに追納してもいいくらいです。

 「気になった点」に3つ挙げましたが、実際はどれも許容範囲レベルで、いざゲームを始めればそんなに気にならなかったです。私などは4周もしましたし。
 特に、もう切った張ったやら死んだ殺したやらのゲームに飽き始めた人や、多忙過ぎて大作を満喫できない人や、ガッツリとは遊びたくないけどストーリーだけ楽しみたい人におすすめです。
 ただ、やはり人を選んでしまうゲームではあるので、特にせっかちな人やバトル大好きな人は、フリープレイを機会にあえて苦手なジャンルに挑戦したい! などの思いがない限りは避けたほうが良いかも知れません。

 いずれにせよ心に残るゲーム体験ができました。やはり最後に残るのは心の動きですね……このスタジオは現在次回作を開発中(リンク先重いかも)とのことで、そちらも楽しみです。


 






0 件のコメント:

コメントを投稿